紫外線から受ける爪への影響はダメージやトラブルを引き起こします。


いつもご覧頂きありがとうございます!

今日は紫外線についてお話しします。


紫外線が気になるこの季節。肌の紫外線対策を気をつけている人は多いですよね。でも、実は爪も紫外線から影響を受けていることを知っていましたか? 今回は意外と知らない「爪の紫外線対策」についてご紹介します。

紫外線から受ける影響とは、そもそも爪とは皮膚が板状に変化した組織。髪と同じように死んだ細胞なので、直接日焼けをするということはありません。しかし、紫外線からのダメージは爪だって受けています。ダメージのひとつとしてあげられるのが「乾燥」。紫外線により乾燥が進むと、爪が割れやすくなったり爪の縦シワが増えたりと、トラブルを引き起こしてしまいます。普段から爪をハンドクリームなどで保湿することを心がけましょう。

 

また、ネイル カラーも紫外線により日焼けを起こしてしまうのでマニキュアを塗っている人は要注意。塗ったまま放置していると、色素沈着を起こしてしまいます。一度黄色や茶色に変色してしまうと、爪が伸びるのを待つしかありません。そうならないためにはベースコートをしっかり塗ることが大切です。


持ちも良く様々なデザインを楽しめるジェル ネイル を施しにサロンへ通う人も多いですよね。ジェルネイルを固めるために使用するUVライトも、当てる時間は2、3分程度ですが日焼けする可能性はゼロとは言えません。主要メーカーのジェルネイルはUVカット成分が含まれているものが多いです。ライトは爪だけでなく手全体に照射されています。「ジェルネイルのライトで日焼けした気がする…」という声も上がっており、気にしている人も多いようです。気になる人は手にも日焼け止めを塗って紫外線対策を施しましょう。UVライト用の手袋も販売されています。

 

また最近はUVライトではなくLEDライトを使用しているお店も増えています。LEDライトであれば紫外線ダメージを受ける心配もありません。硬化の時間も10~20秒程度とUVライトよりも断然早いというメリットがあります。

当サロンはLEDライトを使用しているのでご安心ください。

 

爪までしっかりとお手入れできている女性は魅力的です。あまり知られていなかった爪の紫外線対策ですが、肌と同じようにしっかり紫外線対策をして、指先まで美しさを保ちましょう。


ご予約お待ちしております!

https://www.beautymajestic.com/book-online


LINE ID: @ykd9492o

Instagram: @beauty_majestic

※営業時間外はご連絡が遅くなります。

4回の閲覧0件のコメント