爪のささくれ(小爪)ができる原因と改善方法


いつもご覧頂きありがとうございます!

今日は爪のささくれについてのお話しをします。


爪のサイドに違和感があり見てみると、ささくれのような「小爪(こづめ)」が飛び出していることはありませんか?

小爪とは、いわゆる「爪のささくれ」であり、まさに爪の端部分が割れて剥がれてしまっている状態を指します。


小爪は無理に引っ張ると血が出てしまい、雑菌が入って化膿することもあるため、「たかがささくれ」と侮ってはいけません!

そこでここでは、小爪ができるそもそもの原因とその対処法についてご説明します。


小爪ができる原因

小爪とは「爪のささくれ」のことですが、なぜ爪の端部分が割れてしまうのでしょうか。

考えられる主な原因は「乾燥」です。爪や爪周りが乾燥していると、手先を使用する際のちょっとした衝撃の積み重ねで爪が裂けてしまい、爪側面から小爪として飛び出します。

なお、乾燥以外には「栄養不足」も挙げられますが、栄養不足により乾燥が進んでいる、とも言えるため、結果的には同じ原因により爪が裂けてしまうのです。

【爪が乾燥する主な原因】

・手洗い・水仕事・入浴後など、手を湿らせた後でしっかりと拭いていない・保湿ケアをしていない

・ネイルを頻繁に行っている

・摂取栄養素の偏り

・血行不良

【爪に衝撃を与える主な原因】

・パソコン作業など、指先を頻繁に使用している

・(ネイルファイル・爪ヤスリではなく)爪切りを使用している

・ネイルファイルで爪のサイドを削り過ぎている

小爪を引き抜いてはいけない理由

小爪はそのままにしておくと、服の繊維などに引っ掛かったりすると痛みを感じやすいため、ついつい無理に指で引き抜いてしまう人も少なくないでしょう。

ですが、小爪の根元は皮膚と繋がっているため、無理に引き抜くと皮膚までちぎれてしまい、出血してしまいます。また、その傷口から雑菌が入ると化膿し、指先が腫れあがって痛みがひどくなることも!

そのため、小爪が出来てしまった時は、爪切りや爪専用のキューティクルニッパー(これらがない場合は先の細いハサミ)などで、根元から切るようにしましょう。


小爪予防方法①保湿ケア