ネイル の持ちを良くする為の日常で気をつけること。



いつもご覧頂きありがとうございます!

今日は ネイル の持ちについてのお話しをします。


ジェルの持ちをUPするため日常生活で気を付けたいことをご紹介します。


⭐︎ネイルの持ちを良くする方法⭐︎


①シャンプーは指の腹を使う


指の腹を使ってシャンプーするという方法があります。

爪先を使うことで爪先のネイルが剥がれやすくなってしまうからです。

ジェルの持ちをよくするために

出来るだけ爪先に負担を掛けない!

これが大切。

特に何度もネイルが浮いてしまう人は要注意です。

爪先が薄くなっている可能性がありそれがジェルの持ちが悪い原因になっていることもあるからです。

ジェルをしていてもシャンプーする際は爪先を使わず指の腹を使うという方法が大切なのはこのためです。

ジェルの方はもちろんマニキュアの場合もこの方法は有効です。

ジェルは持ちが良いですが絶対に持つというワケではないです。

爪先を丁寧に使うことでネイルの持ちがぐんとUP。

きれいな指先を保つことが出来ます。


②ゴム手袋を使う


ネイルの持ちをよくするために

ゴム手袋を使うという方法があります。

ネイルの持ちが悪くなる原因の一つに

水仕事があります。

水仕事が多いとジェルが剥がれやすくなる場合があります。

さらに指先も乾燥してしまうので指先にとってはいい方法とは言えないです。